安全で快適なバス事業の発展に期待 ~日本バス協会の懇親会に参加


6月13日(水)、私と山口那津男代表は、都内で開かれた日本バス協会(三澤憲一会長)の定時会員総会懇親会に来賓として出席し、あいさつしました。党国会議員も出席しました。

山口代表は、公共交通機関としての役割を果たすバス事業者に謝意を表明。その上で、増加する訪日外国人をはじめバス利用に対するニーズは高いと指摘し、バスのバリアフリー化を進めるなど「安全で快適に移動できるバス事業を発展させてほしい」と語りました。

関連記事

  1. 社会保障制度改革両院合同会議で意見表明

  2. 所得補償とFTA推進の一体化検討を批判

  3. 復興拠点支援が必要 ~福島・双葉町長から要望受ける

  4. TPPを飛躍の契機に ~公明が総合対策で提言

  5. 仙台市中央卸売市場の業務開始式に出席

  6. 強靱な党 構築へ前進 ~全国県代表協議会を開催