国際協調へ対話の先頭に ~終戦記念日 街頭演説会であいさつ


75回目の終戦記念日を迎えた8月15日(土)、私は仙台市内で開催された党宮城県本部(代表=庄子賢一県議)の街頭演説会に出席しました。若松謙維参院議員と県議、仙台市議と共にマイクを握り、恒久平和への誓いを訴えました。

私は、1000人以上が犠牲となった仙台空襲について触れ、「悲惨な戦災の記憶や遺構、復興の歩みを後世に語り継いでいくことが大切だ」と強調。

また、東日本大震災から10回目の夏を迎えたことに言及し、「公明党は被災者一人一人が『人間の復興』を果たすまで全力を尽くす」と力説しました。

関連記事

  1. 八戸・三春屋の営業存続を大臣に要望

  2. 「公明が日本を立て直す」青森県3市で街頭演説

  3. 石巻市水産物地方卸売市場石巻売場完成式典に出席

  4. 被災地「人間の復興」へ総力 ~公明党宮城県本部で新春の集い

  5. 公明支援 大きな力に ~沖縄市長が当選御礼

  6. 党青森県本部主催の政経懇話会に出席