命を守る政策断じて ~山形市で公明勝利を訴え


3月29日(金)、私は山形県議選・山形市(定数9)の、きくち文昭候補の街頭演説会に駆け付け、今回の統一選について「皆さんの思いと願いを実現できる体制をつくるため公明党は戦う。断じて勝たせていただきたい」と訴えました。

私は、「公明党が国会で、ドクターヘリの全国配備をめざす法律を作り、山形では、きくちさんの長年の主張が実って導入された」と力説。

また、今年度から同県で医療的ケア児の支援体制が整備されることに触れ「きくちさんが保護者の声をもとに実現した。公明党には『小さな声を、聴く力』、それを実現する力がある」と強調。その上で「党の国と地方のネットワークの要となる、きくちさんを県議会に送っていただきたい」と絶大な支援を呼び掛けました。

きくち候補は、「希望輝く山形めざし地域密着で戦い抜く」と決意を述べました。

関連記事

  1. 被災地「人間の復興」へ総力 ~公明党宮城県本部で新春の集い

  2. 「フィリピン災害救援を」街頭募金活動

  3. 2011年度第1次補正予算案、衆院通過で見解

  4. 「“命の道路”整備加速を」安全・安心の道づくりを求める全国大会に出席

  5. 希望生むのが公明の役割 ~党北海道本部大会に出席

  6. 「東日本大震災発生から3カ月」増田寛也元総務大臣、元岩手県知事と対談