命と暮らし 公明が守る ~新春街頭演説会に参加


1月2日(土)、私は仙台市内で行われた党宮城県本部(代表=庄子賢一県議)主催の街頭演説会、および盛岡市内で行われた党岩手県本部(代表=小林正信県議)主催の街頭演説会に参加しました。

私は、今年3月で東日本大震災から10年となることに触れ「公明党は、生業再生など残る課題の解決に全力を挙げる」と強調。さらに「被災者が『人間の復興』を果たすまで寄り添う」と訴えました。

庄子県議と佐々木雅文党青年局次長が、来る政治決戦に向けて決意を述べました。

関連記事

  1. 第9回「安全保障法制整備に関する協議会」に出席

  2. 小さな声の実現が真骨頂 ~高倉氏の支援訴え

  3. 民間交流が友好の力に ~中国訪日団と東北大見学

  4. 政府・与党連絡会議を開催、核実験を非難

  5. 政府・与党連絡会議

  6. 外国人労働者問題で細田官房長官に申し入れ