各種団体の要望受ける


11月6日(火)、公明党は衆院第2議員会館などで政策要望懇談会を開き、来年度の予算編成や税制改正に向け、各種団体から意見を聞きました。

私が会長を務める、党自動車議員懇話会は、日本自動車工業会、日本自動車販売協会連合会、全国軽自動車協会連合会、日本自動車会議所から来年度税制改正に関する要望を受けました。

団体側は、来年10月の消費税率10%への引き上げを控え、販売への影響が懸念されることから自動車税の引き下げなどを要請。私は「しっかり検討する」と応じました。

関連記事

  1. 予算概算要求に向け各団体と意見交換

  2. JA全中と意見交換

  3. 住宅の税負担軽減へ ~住団連から要望聞く

  4. 「二重ローン救済急げ」具体策めぐり全銀協、日弁連と協議

  5. 都議選開幕、北区の告示第一声に参加

  6. 「口蹄疫対策」で日本酪農政治連盟から要望