北陸新幹線整備、工期短縮を訴え ~沿線知事から要望受ける


11月20日(金)、私は与党整備新幹線建設推進プロジェクトチーム座長代理として、衆院第2議員会館で富山、石川、福井の各県知事と北陸経済連合会から、北陸新幹線の早期全線整備に関する要望を受けました。

知事らは、2023年春開業が1年半遅れる見通しとなった金沢―敦賀間について、工期短縮とコスト縮減を要請。工程や予算の管理体制強化も求めました。

私は、国の検証委員会の議論を踏まえ、「工期短縮や予算縮減に取り組む」と答えました。

関連記事

  1. 党機構改革委が初会合

  2. 谷地掘改修計画報告会に参加

  3. 党福島復興加速化会議に出席

  4. 「チリ地震津波被害」の激甚指定が決定

  5. 「除染作業の迅速化を」 福島県を視察

  6. 日本民営鉄道協会の会合に出席