北陸新幹線整備、工期短縮を訴え ~沿線知事から要望受ける


11月20日(金)、私は与党整備新幹線建設推進プロジェクトチーム座長代理として、衆院第2議員会館で富山、石川、福井の各県知事と北陸経済連合会から、北陸新幹線の早期全線整備に関する要望を受けました。

知事らは、2023年春開業が1年半遅れる見通しとなった金沢―敦賀間について、工期短縮とコスト縮減を要請。工程や予算の管理体制強化も求めました。

私は、国の検証委員会の議論を踏まえ、「工期短縮や予算縮減に取り組む」と答えました。

関連記事

  1. 利便性の向上へ全力 ~民鉄協の交歓会で訴え

  2. 3次補正予算で協議 3党幹事長会談に出席

  3. 東日本大震災9年6カ月 あの日の記憶 次代へ

  4. 宮城・福島・岩手で「憲法記念日街頭演説会」に参加

  5. 「出前政調」スタート ~東北方面出前政調に出席

  6. 安倍首相に東日本大震災に関する与党提言