北陸新幹線の早期開業へ支援を訴え ~沿線知事らから要望

11月13日(火)、私と斉藤鉄夫幹事長は、衆院第1議員会館で、北陸新幹線建設促進同盟会(会長=石井隆一富山県知事)などから要望を受けました。

石井会長らは、北陸新幹線の金沢―敦賀間について、2022年度末までの開業に向けて十分な建設費を確保するよう要請。敦賀―大阪間についても、環境アセスメント(影響評価)の早期実施を求めました。私は「早期整備へ取り組む」と応じました。

関連記事

  1. 農水委員会で米価下落への対応を求む

  2. 北陸、九州新幹線の早期開業を求める ~与党PTが会合

  3. 「地方財源の拡充を」山形県町村会から提案

  4. 「公明が日本を立て直す」青森県3市で街頭演説

  5. 安倍首相が公明党を表敬訪問

  6. 生活実感に沿う軽減税率 ~山形のセミナーで訴え