公明勝利で地域に安心 ~山形・福島の街頭演説会に参加


4月14日(日)、私は山形県米沢市議選(定数24)で激闘する公明現職の佐藤ひろし山田ふさこの両候補の街頭演説会で必勝を訴えました。

私は、「地域の課題を受け止め、解決へと導くことと議会で市政運営を厳しくチェックすることが市議会議員の重要な役割だ」と強調。さらに、公明党がリードし学校のブロック塀の緊急点検を実施し、撤去・改修を行っていることを紹介。防災・減災の強化には地方と国の連携が必要だと述べた上で「米沢の安全・安心を築くため佐藤、山田の両候補を勝たせてほしい」と呼び掛けました。

福島・喜多方で、必勝訴え


また、同日午後、私は福島県喜多方市議選(定数22)に立候補した、菊地とも子小林ときおの両候補の街頭演説会に参加。定数減で厳しい戦いを断じて勝ち抜くと訴えるとともに、絶大な支援を呼びかけました。

関連記事

  1. 福岡、高瀬候補の必勝訴え ~福岡市の街頭演説に参加

  2. 「農業改革案」で農業団体と意見交換

  3. 農家の所得拡大へ支援 ~JA全中と政策懇談

  4. 「口蹄疫対策」で日本酪農政治連盟から要望

  5. 「豪雪被害と霧島連山・新燃岳噴火災害」対策について関係府省庁に要請

  6. 早期復旧へ柔軟な支援を ~8月の台風被害で北海道、岩手の要望受ける