公明は地域発展の原動力 ~逆転勝利へ、こん身の訴え


統一地方選前半戦の道府県・政令市議選の投票日まで、あと2日と迫った4月4日(木)、私は共産新人との一騎打ちになっている愛知県議選・春日井市(定数4)の市川ひでお候補の演説会で、「かつてない厳しい戦い。何としても勝たせてほしい」と訴えました。

私は公明党のネットワークの強みを紹介し「国会議員と地方議員が密接に連携しているからこそ地域の課題が解決できる」と力説。「県民の声を受け止める市川候補こそ必要な人物だ」と強調しました。

市川候補は、県の防災・減災を前進させてきた実績を語り「これからも地域の声を実現していきたい」と決意を述べました。

関連記事

  1. 5県知事会から要望を受ける

  2. 「憲法記念日」で街頭演説

  3. 議員力高め衆望担う ~党宮城県夏季議員研修会に出席

  4. 福島で経済団体と意見交換

  5. 各種団体の代表と懇談

  6. 定数削減・衆院選挙制度改革 3党幹事長会談