公明は地域発展の原動力 ~逆転勝利へ、こん身の訴え


統一地方選前半戦の道府県・政令市議選の投票日まで、あと2日と迫った4月4日(木)、私は共産新人との一騎打ちになっている愛知県議選・春日井市(定数4)の市川ひでお候補の演説会で、「かつてない厳しい戦い。何としても勝たせてほしい」と訴えました。

私は公明党のネットワークの強みを紹介し「国会議員と地方議員が密接に連携しているからこそ地域の課題が解決できる」と力説。「県民の声を受け止める市川候補こそ必要な人物だ」と強調しました。

市川候補は、県の防災・減災を前進させてきた実績を語り「これからも地域の声を実現していきたい」と決意を述べました。

関連記事

  1. 「岩手・宮城内陸地震」の栗原市追悼式に出席

  2. 与党整備新幹線建設推進PT 太田国交相に要望

  3. 「コメ政策に激変緩和」与党実務者が合意

  4. 「会期延長70日には反対」党代議士会

  5. 全国浄化槽大会、弁政連の会合に出席

  6. 被災地の復興支えよ ~国交相に申し入れ