公明が社会の分断防ぐ ~青森で夏季議員研修会


8月29日(土)、私は青森県八戸市内で開かれた党同県本部(代表=伊吹信一県議)の夏季議員研修会に出席し、あいさつしました。

私は、コロナ禍に対する党の取り組みに関して、「社会の分断を防ぐため、国民の不安を受け止め、公平公正な政策の実現に総力を挙げる」と強調。さらに「今こそ、電話やSNSなど、あらゆる手段で有権者の声を聴き、『大衆とともに』の立党精神を貫こう」と呼び掛けました。

研修会では、若松謙維参院議員、党新型コロナウイルス感染症ワクチン・治療薬開発推進プロジェクトチーム事務局長の秋野公造参院議員の担当で政策を研さん。山本武朝・青森市議、中村益則・八戸市議が活動報告したほか、さらなる公明新聞拡大を誓い合いました。

関連記事

  1. 宮城県「令和4年度国の施策・予算に関する提案・要望」に係る意見交換会に…

  2. 「地域活性化には人材が必要」議長会と懇談

  3. 警備員の人材確保を ~関係団体と意見交換

  4. 社会保険労務士団体から要請

  5. 「共通番号制度」推進シンポジウムに出席

  6. 日本商工会議所と要請懇談会