公明が政治に声届ける ~福島で支援訴え


6月5日(水)夜、私は福島市で開かれた党福島県本部(代表=若松かねしげ参院議員)の時局講演会に出席し、若松氏への絶大な支援を訴えました。

私は、少子高齢化・人口減少問題を抱える日本の活力を維持するには、政治の安定が何よりも大切だと強調。その上で、「政治の安定には、国民の声をどれだけ政治に反映できるかが一番大事だ。昨年実施した『100万人訪問・調査』運動など、公明党にしかできないことがある」と主張しました。

若松氏は、東日本大震災を機に防災士と防災危機管理者の資格を取得し、国の防災・減災対策を充実させてきたと報告。今夏の参院選に向け、「死力を尽くして戦う。何としても勝たせてほしい」と呼び掛けました。

これに先立ち、今月30日投票の福島市議選に挑む4氏が必勝の決意を述べました。

関連記事

  1. 日本経済団体連合会と要望・意見交換 ―公明党 新・経済対策検討本部―

  2. 「衆院選挙制度改革・第三者機関設置申し入れへ」与野党幹事長会談

  3. 政策断行し「希望」届ける ~臨時国会召集 両院議員総を開催

  4. 新年・事務所開き

  5. 全国農業会議所から復興、TPPで要請

  6. 生活者に希望生む議員に ~埼玉の夏季議員研修会であいさつ