公明が地域の安心築く ~激戦区の勝利 断じて


4月3日(水)、私は当落線上で大接戦となっている、大阪市議選・大正区(定数2)の小山みつあき候補の街頭演説会に駆け付け、「極めて厳しい。何としても勝たせていただきたい」と訴えました。

私は小山候補が大正区で生まれ育ち、PTA会長や地域の防災リーダーを務めてきたことを紹介。その上で「地域のことをよく理解し課題を解決できる、実現力を持つ人を選んでほしい」と力説しました。

小山候補は、相次ぐ災害に触れ「防災士としての強みや公明党のネットワークを生かし、防災・減災を推し進める」と決意を述べました。

関連記事

  1. 「被災地特例の実施を」政府に申し入れ

  2. 統一地方選へ全国遊説スタート~日本の課題に正面から挑戦~

  3. 仙台卸売市場「初せり式」に参加

  4. サービス・流通連合から政策要請受ける

  5. 政府・与党協議に出席

  6. 被災地の4市議選がスタート