公明 日本赤十字社へ第14次義援金


3月5日(金)、私は東日本大震災の発災から丸10年となるのを前に、日本赤十字社(日赤)に被災者への義援金200万円(第14次)を寄託した。私と山口那津男代表は9日(火)、東京都港区の日赤を訪れ、大塚義治社長に目録を手渡し、懇談しました。石田祝稔、古屋範子の各副代表が同席しました。

席上、山口代表は、党が寄託した義援金の累計が9億2800万円になったと紹介し、「大勢の方々の真心が積み重なったものだ。どうか役立ててほしい」と語りました。これに対し、大塚社長は、これまでの義援金の寄託に謝意を表しました。

山口代表は「心の復興、人間の復興を成し遂げるまで闘う」と決意を述べました。

日赤は、東日本大震災義援金の受け付けを、今月31日で終了します。これに準じて、公明党も同義援金の募金を終了いたします。

関連記事

  1. 湯沢市、青森市の要望を国交大臣に

  2. 人命救助に総力挙げよ ~台風被害、合同会議を開催

  3. 住宅投資は内需の柱 ~全住協新年会に出席

  4. 国営みちのく杜の湖畔公園全園開園式に出席

  5. 福島県郡山市で復興支援現地合同会議を開催

  6. 統一選に向け全国遊説をスタート