仙台塩釜港、向洋地区ふ頭再編改良事業着工式に出席


6月9日(土)午前、私は仙台塩釜港向洋地区ふ頭再編改良事業の着工式に出席し、挨拶しました。

仙台塩釜港は、東北地方唯一の国際拠点港湾であり、外貿コンテナ航路9航路、国際フィーダー航路が8航路が運行されています。また、昨年のコンテナ貨物取り扱い量は仙台港区に限っても25万8千TEU(平成29年速報値)[TEU:20フィートコンテナ換算]と、震災前を含めて過去最高を更新しております。
そのため、海上物流拠点としての機能強化や効率化を図るために、岸壁を延伸しコンテナターミナルを拡張する事業が行われる運びとなりました。

私はあいさつで、機能強化により物流の促進や地域活性化、そして復興の更なる加速化に期待を寄せました。

関連記事

  1. 北上川・鳴瀬川水系内陸部災害復旧事業完成式に出席

  2. 公明が東北創生リード ~岩手県政経懇話会

  3. 地元・仙台で近隣企業交流会「榴岡の会」を開催

  4. 党活気ある温かな地域づくり推進本部の会合に出席

  5. 権哲賢 韓国大使と会談

  6. 阿武隈急行全線開通30周年記念式典に出席