仙台塩釜港、向洋地区ふ頭再編改良事業着工式に出席


6月9日(土)午前、私は仙台塩釜港向洋地区ふ頭再編改良事業の着工式に出席し、挨拶しました。

仙台塩釜港は、東北地方唯一の国際拠点港湾であり、外貿コンテナ航路9航路、国際フィーダー航路が8航路が運行されています。また、昨年のコンテナ貨物取り扱い量は仙台港区に限っても25万8千TEU(平成29年速報値)[TEU:20フィートコンテナ換算]と、震災前を含めて過去最高を更新しております。
そのため、海上物流拠点としての機能強化や効率化を図るために、岸壁を延伸しコンテナターミナルを拡張する事業が行われる運びとなりました。

私はあいさつで、機能強化により物流の促進や地域活性化、そして復興の更なる加速化に期待を寄せました。

関連記事

  1. 早期復旧へ柔軟な支援を ~8月の台風被害で北海道、岩手の要望受ける

  2. 津波警報の避難住民を見舞う

  3. 自転車乗って環境保全 ~超党派議連の青空総会出席

  4. 「孤立集落の救助急げ」党大雪被害対策本部

  5. 仙台市・応急仮設住宅 市民相談会に出席

  6. 信頼強化へ交流促進 ~宋濤・中連部長と会談