予算・税制で団体要望

11月13日(火)、公明党は衆院第2議員会館で政策要望懇談会を開き、来年度の予算編成や税制改正に向け、各種団体から意見を聞きました。


【マンション管理業協会】私が会長を務める党マンション問題議員懇話会はマンション管理業協会の岡本潮理事長から、マンションの大規模修繕工事への軽減税率適用などで要望を受けました。私は「マンション管理の問題を社会問題と捉え、議論していく」と応じました。


【全住協】私と斉藤鉄夫幹事長らは、全国住宅産業協会(全住協)の神山和郎会長から、消費税率引き上げに伴う駆け込み需要・反動減対策として、省エネ住宅ポイント制度の復活、すまい給付金の大幅拡充などを求める要望を受けました。斉藤幹事長は「頑張っていく」と語りました。

関連記事

  1. JAグループ国産農畜産物商談会を視察

  2. 党活気ある温かな地域づくり推進本部の会合に出席

  3. 公明、政治の安定に大きな役割 ~党愛媛県本部主催の賀詞交歓会に出席

  4. 「東北の復元力が未来への希望」 ~公明新聞てい談

  5. 生活実感に沿う軽減税率 ~山形のセミナーで訴え

  6. 暮らし守る政策で成果 ~通常国会閉幕、両院議員総会を開催