与党交流さらに推進 ~王寧中国福建省副書記と会談


9月12日(水)午後、私は衆院第2議員会館で、中国共産党福建省委員会の王寧副書記と会談し、日中間で与党交流をより一層深めていくことで一致しました。西田実仁参院幹事長、三浦信祐青年局長(参院議員)が同席しました。

席上私は、同日午前にロシアで行われた安倍晋三首相と中国・習近平国家主席の首脳会談で、日中協力関係の前進で合意したことに触れ、「大きなチャンスだ。与党交流を両国の協力関係を前進させる推進力にしたい」と強調。王副書記は「中日関係は非常に友好な関係だ。中日関係の健全で安定した発展は、アジアや世界の平和、安定、繁栄にもつながる。より一層、中日関係を発展させたい」と述べました。

また、王副書記が中国の経済構想「一帯一路」について、両国で福建省を国際協力のモデル地域とするため、具体的な成果を出したいと述べたのに対し、井上幹事長は「一帯一路を含む協力モデルとして、具体的な成果が得られるようバックアップしていきたい」と応じました。

関連記事

  1. 山形で政経パーティー開催

  2. 政府が公明党の申し入れを反映することを決定

  3. 統一外地方選挙の応援で各地を訪問

  4. 強靱な党 構築へ前進 ~全国県代表協議会を開催

  5. 農地有効利用など 全国農業会議所から要請

  6. 東日本大震災復興加速化本部と復興・防災部会合同会議を開催