「防災」を政治の主流に ~福島夏季議員研修会であいさつ


8月26日(日)、私は7月末に一部再開したサッカーのナショナルトレーニングセンター「Jヴィレッジ」(福島県楢葉町、広野町)で開かれた党福島県本部(代表=若松かねしげ参院議員)の夏季議員研修会に出席し、あいさつしました。

私は、東日本大震災と東京電力福島第1原発事故からの復興加速に向け、自民、公明の与党両党が7月末に政府へ提出した「第7次提言」に言及。2020年度末までの「復興・創生期間」後についても「政府が引き続き責任を持って復興に取り組むよう提言した」と述べ、「公明党は被災者に寄り添い続ける」と力を込めました。

さらに私は、西日本豪雨をはじめ、全国各地で災害が相次いでいることを踏まえ、「公明議員が“わが地域”で人の命を守る防災対策を点検していくことが重要だ」と力説。公明党が結党時から「大衆福祉」の充実に取り組み、社会保障を国の主要政策に押し上げた歴史を振り返り、今後の“衆望”を担うために「防災・減災、そして復興を政治の主流にしていかなければならない」と訴えました。

私は「来年春の統一地方選、夏の参院選を乗り越え、党創立55周年の揺るぎない基盤をつくっていこう」と締めくくりました。

若松県代表は「福島復興のために全力で闘う」と強調。浜田昌良復興副大臣(公明党)が被災地復興の現状、横山信一参院議員が水道法改正案などについてそれぞれ解説したほか、真山祐一前衆院議員、高倉良生都議があいさつしました。

志賀稔宗・南相馬市議が同市議選(11月18日投票)の必勝へ決意を訴え、丸山陽子・南会津町議、田川正治・郡山市議が党勢拡大の取り組みを報告しました。

関連記事

  1. 口腔ケアの普及を厚労省に要望

  2. 「日中関係強化へ」鄭必堅氏と懇談

  3. 区割り法案衆院委で可決 『0増5減「違憲」解消が急務』

  4. 地元榴岡企業朝会

  5. 岩手県で地域懇談会・訪問対話活動

  6. 仙台商工会議所と政策懇談会