「出前政調」スタート ~東北方面出前政調に出席


7月14日(土)、公明党は4月から約3カ月間にわたり実施した「100万人訪問・調査」運動で寄せられた声を基に“地域発”の政策を立案するため、政務調査会幹部が各地に出向いて地方議員と政策懇談を行う「出前政調」をスタートさせました。

盛岡市で開かれた東北方面の会合には私のほか、山本かなえ参院政策審議会長らが出席。各県本部の地方議員と意見交換しました。

私は、出前政調で聞いた意見を「秋の党全国大会で打ち出す重要政策、来年の統一地方選、参院選の重点政策に反映したい」と強調。さらに、調査を通して浮かび上がった地域の課題が全国共通の課題であることも考えられるとし、党を挙げて解決に取り組んでいくと述べました。山本さんは政策の実現へ、国会議員と地方議員の連携を強化していくと語りました。

東北6県の地方議員は、医療や介護、建設業界などの人手不足を指摘。かかりつけ医から患者の居宅までの距離が離れていると、みとりの対象とならない課題にも言及し、改善を求めました。また、相次ぐ豪雨災害を巡り「被災した河川の災害復旧事業を原形復旧ではなく、抜本的な改修を進める方針に転換するべきだ」などと訴えました。

関連記事

  1. 地元仙台で新年事務所開き

  2. 「成人の日」祝い街頭活動

  3. 道路特定財源の政府・与党見直し案を決定

  4. 「暴挙、断じて許されず」 ~党対策本部が初会合

  5. イラン大地震の被災者救援で街頭募金

  6. 米軍基地抱える都道県知事と要望懇談