支援の軸足 ソフト面へ ~宮城で党復興加速化本部が調査

20180326_1.jpg

3月26日(月)、私が本部長を務める、公明党の東日本大震災復興加速化本部は、宮城県の沿岸被災地2市2町で現在、直面しているソフト面の課題を調査しました。私のほか、高木陽介衆院議員、真山祐一前衆院議員、公明県議らが参加しました。

石巻市で一行は、「がんばろう!石巻」の看板前で献花。看板を設置した黒澤健一さんから震災当時の体験を聞きました。また、震災の伝承活動を続けている「みらいサポート石巻」の中川政治専務理事は、“街の記憶”を残すため、元住民への聞き取りを行っていることを説明。「“あの日”住民がどう行動したかを映像化し、避難の教訓を伝えたい」と語りました。

続いて、被災者のアウトリーチ(訪問支援)を継続し、多様な専門機関との連携で心のケアにつなげる「からころステーション」を訪問。臨床心理士の渋谷浩太さんは、仮設から災害公営住宅への転居期である現在、「人間関係の再構築を迫られ、孤独や取り残され感を抱いている人が増えている」と指摘。その上で、「心の健康回復には、生活再建を前提に“見捨てない”ソフト面での支援が必要だ」と述べました。

また、同席した市健康部の職員からも、「昨年は本市の自殺者が増え、アルコールに伴う問題も多発している」との課題が報告されました。

視察後、私は、「被災者のニーズに応じた支援の必要性を強く実感した。今後は、軸足をハードからソフトへ重きを置いて、復興の最重要課題として精力的に取り組む」との考えを示しました。

なお一行は、気仙沼市、女川町、南三陸町を訪れ、二重ローン対策や子ども支援などについて意見交換しました。



関連記事

  1. 岩沼海浜緑地、北ブロック開園式に参加

  2. 「がれき撤去が急務」宮城・亘理、山元町を調査

  3. 宮城・石巻市の慰霊祭に参列

  4. 「国の支援方針早期に」岩手県沿岸2市1村を調査

  5. 「港湾機能回復を迅速に」仙台港の被害状況を視察

  6. 「記念碑として看板保存を」震災復興のシンボルについての要望