「人間の復興」へ総力 ~党復興加速化本部がヒアリング

20180307_1.jpg

11日(日)で東日本大震災から丸7年を迎えることを受け、私が本部長を務める公明党復興加速化本部は7日(水)、衆院第2議員会館で復興の現状と課題について政府からヒアリングを行いました。

冒頭私は、いまだ7万3000人が避難生活を送っている状況に触れ、「引き続き復興を加速させ、被災者一人一人が住宅や、なりわいの再建はもちろん、『心の復興』『人間の復興』を成し遂げるよう取り組む」と強調しました。

政府側は、津波で被災した水産加工施設の95%で業務が再開し、高台移転による宅地造成や災害公営住宅の整備といった住宅の再建は、今春までに9割が完了する見込みだと説明。東京電力福島第1原発の汚染水対策では、凍土壁によって一日の汚染水の発生量を約490トンから約110トンにまで減らしたと成果を紹介しました。

一方、今後の課題としては、被災者の心身のケアや公共交通の整備、訪日客を積極的に取り込んだ観光振興などを列挙。原発の風評被害を払拭するため、放射線に関する正しい知識の情報発信も強化するとしました。

出席議員からは、「農林水産業の振興に向け、販売戦略の支援を強めるべき」などの意見が出ました。



関連記事

  1. 宮城・石巻市の冠水地域を視察【東日本大震災】

  2. 「賠償の新基準に懸念」復興庁・関係省庁からヒアリング

  3. 党福島県本部と合同会議/福島市内の中学校などを視察

  4. 「予算を厳格に精査せよ」流用報道で復興庁からヒアリング

  5. 東日本大震災・被災農家、仮設入居者と懇談

  6. 「自公作業チーム設置へ」福島第1の汚染水問題