廃炉作業 着実に前進 ~東電福島第1原発の現況を視察

20180217_1.jpg

2月17日(土)、東日本大震災から7年の節目を控え、私が本部長を務める公明党の復興加速化本部は、東京電力福島第1原発(福島県大熊町、双葉町)の敷地内を視察しました。私のほか、高木陽介、伊藤渉、国重徹の各衆院議員、宮崎勝参院議員、公明県議らが同行。東電の廃炉・汚染水対策最高責任者である増田尚宏氏らが案内しました。

私たちは、3号機の使用済み核燃料プールに保管されている燃料の取り出しに向け、原子炉建屋上部を覆うカバーの設置工事を確認しました。カバーは高さ約18メートルのドーム型で、燃料を取り出す装置を風雨から守り、放射性物質の外部への飛散を防ぐもの。増田氏は「工事は順調に進んでおり、今月中には完成する」と述べ、2018年度中頃から燃料を取り出す計画を説明しました。

さらに私たちは、汚染水対策として1~4号機周辺の土壌を凍らせて地下水の浸入を防ぐ「凍土遮水壁」の運用状況も調査。凍土の制御を行う凍結プラントでは、土壌が均一に冷却され、汚染水が海に流出しないようにコントロールできている状況を確認しました。

このほか、敷地内で発生する放射性廃棄物を保管するため、新たに増設した「固体廃棄物貯蔵庫第9棟」なども見て回りました。

視察後、私は「軽装で作業できるエリアも広がり、困難な廃炉作業だが着実に進んでいることが分かった。引き続き、安全第一で取り組むよう求めていきたい」と語りました。



関連記事

  1. 地方創生のモデルめざす ~石巻市での宮城復興創生会議に参加

  2. 「農業の復旧遅れに懸念」宮城農業4団体から要請

  3. 「燃料、住宅の確保が急務」宮城県3市1町を訪問

  4. 「議員歳費を復興財源に」1人300万円削減で合意

  5. 被災地の住民と懇談・仙台市宮城野区

  6. 「国が全面的な支援を」現地調査踏まえ緊急要請