防潮堤築く「千年希望の丘」植樹祭に参加

20170527_1.jpg

5月27日(土)、私は宮城県岩沼市で開かれた「第5回千年希望の丘植樹祭」に出席し、全国から訪れたボランティアと共に約3万本の苗木を植えました。横山信一参院議員、党宮城県本部の庄子賢一代表、伊藤和博幹事長(共に県議)、長田忠広市議も参加しました。

「千年希望の丘」は東日本大震災の震災がれきを活用して丘を造り、その上に広葉樹を植樹して防潮堤を築くプロジェクトです。30万本の植樹を目標にスタートし、今回を含め延べ3万人超のボランティアの手で苗木28万本が植えられました。

この日は、約4000人の参加者がタブノキなど21種類の植樹に汗を流しました。中学生の時に仙台市で被災し、今回初めて参加した専門学校生の樋口七瀬さん(19)は「苗木の成長が楽しみ。震災の教訓を未来に伝えていきたい」と笑顔を見せました。

植樹の後、私は「風化に抗い、千年先の命を守るプロジェクトだ。こうした取り組みをバックアップしていく」と語りました。



関連記事

  1. 「予算を厳格に精査せよ」流用報道で復興庁からヒアリング

  2. 「がれき撤去が急務」宮城・亘理、山元町を調査

  3. 宮城・石巻市で地場産業の課題調査 

  4. 仙台市内の津波の塩害被害を調査

  5. 被災地へ 要望に全力で対応

  6. 「風評被害の打開策を」観光関係者と意見交換 宮城・大崎市