新たな故郷ここから ~「さんさん商店街」視察

20170402_1.jpg

4月2日(日)、私は東日本大震災からの復興が進む宮城県南三陸町を訪れ、3月に仮設から常設として再オープンした「南三陸さんさん商店街」を視察しました。党宮城県本部の庄子賢一代表(県議)、伊藤啓二・石巻市議、村上進・気仙沼市議が同行しました。

同商店街は、津波の被災跡地をかさ上げした場所に、飲食や鮮魚など28店舗が並んでいます。私たちは、住民や観光客で活気づく商店を一軒一軒見て回った後、「及善蒲鉾店」の店主で、志津川地区まちづくり協議会の会長も務める及川善祐氏(63)と懇談しました。

及川氏は、「多くの人が買い物に来やすい環境が整ってきた」と相好を崩す。さらに今後を展望して、及川氏は、「“新たな故郷”をつくる思いで、港町の良さや心意気を子どもや孫の世代まで受け継いでいきたい」と語りました。

この後一行は、佐藤仁町長に会い、復興の進捗状況に関して意見交換しました。

視察を終えた私は、「商店街がにぎわう姿は復興の象徴だ。さらなる復旧、創生へしっかりと支援していく」と述べました。

これに先立ち一行は、石巻市で井内水利組合(阿部富二夫組合長)から、被災した農地の取水方法について要望を受けました。



関連記事

  1. 宮城・丸森町で風評被害の実態調査

  2. 「営農再開へ全面支援」石巻市・農地復旧事業を調査

  3. 東日本大震災8年 被災者の希望 さらに ~宮城県の党復興会議に参加

  4. 復興拠点外の方針早く ~福島・双葉町が要望

  5. 「福島復興を着実に」党合同会議

  6. 「ビジョンと基本法案を協議」党東日本大震災対策本部