津波防ぐ体制を整備 ~阿武隈川河口部復旧事業完成式に出席

P3040088.jpg

3月4日(土)午前、私は宮城県岩沼市で開かれた阿武隈川河口部復旧・復興事業完成式に石井啓一国土交通相とともに出席し、あいさつしました。

同事業は、東日本大震災で被災した阿武隈川の新浜水門の復旧と河口部河川堤防を7.2メートルかさ上げし、整備するもので完成は今月末の予定。仙台湾南部海岸堤防と合わせ津波防災体制の充実が期待されています。

式典の席上、石井国交相は「住民が復興を実感できるよう、一段と被災地の復興・創生の加速に力を注いでいきたい」と強調。

私は「着実にインフラ整備を前進させる一方で、被災者の心の復興、人間の復興を成し遂げるまで寄り添い続ける」と決意を述べました。



関連記事

  1. 「議員歳費を復興財源に」1人300万円削減で合意

  2. 「一日も早く被災者支援を」政府・震災対策合同会議に出席

  3. 「復興拠点」整備に力注ぐ ~党加速化本部の会合を開催

  4. 「被災者支援、特別立法で」全国知事会から要請

  5. 常磐道宮城県区間4車線化着工式に参加

  6. 「仮設住宅の建設急げ 」宮城沿岸3市町を訪問