被災地、陸前高田の現状を視察

20160827_1.jpg

8月27日(土)、私は東日本大震災の被災地のひとつ、陸前高田市を訪問。発災から5年5ヶ月が経過した被災地の震災復興の現状を視察しました。

まず、津波で大きな被害を受けた、旧「道の駅・高田松原」を視察。被災した建物や、震災後に建設された資料館などを見学し、担当者から被災当時の状況や、今後の復興への取り組みなどの説明を受けました。

20160827_2.jpg

次いで、市役所にて戸羽市長と懇談。被災地の展望や今後の課題について意見交換を行いました。



関連記事

  1. 宮城・丸森町で風評被害の実態調査

  2. 生活再建、今が“正念場” ~党復興加速化本部会合であいさつ

  3. 日本商工会議所から復旧・復興に関する要望

  4. 「特別立法、肉用牛対策を」福島県知事らから要望

  5. 「国の支援方針早期に」岩手県沿岸2市1村を調査

  6. 東日本大震災・被災農家、仮設入居者と懇談