復興拠点の整備を加速 ~福島・浪江町で調査

20160821_1.jpg

8月21日(日)午前、私は東京電力福島第1原発事故で全町避難が続いている福島県浪江町を訪れ、9月から町内の一部で特別宿泊が始まることを踏まえ、復興状況を調査しました。党福島県本部の若松謙維議長(参院議員)、甚野源次郎代表、今井久敏、伊藤達也の両県議が同行しました。

一行は馬場有町長の案内で、放射線量が高く、立ち入りが厳しく制限されている帰還困難区域の大堀地区へ。300年以上の歴史がある伝統工芸「大堀相馬焼」の窯元を視察し、避難先の二本松市で生産を続けている半谷秀辰さん(63)の話を聞きました。

馬場町長からは「伝統ある大堀地区を復興拠点にするために、全面的な支援を」と要望を受けました。

次いで沿岸部を一望できる大平山に移動し、浜通り地域にロボット産業などを集積する「イノベーション・コースト構想」の候補地について説明を受けました。

私は「近く政府に提出する復興に向けた与党提言に、復興拠点の環境整備をはじめ、地元の声を盛り込みたい」と語りました。



関連記事

  1. 「観光で東北を元気に」仙台市内の旅館関係者と意見交換

  2. 原発事故風評被害対策で田中文科相と東電に要請

  3. 「ビジョンと基本法案を協議」党東日本大震災対策本部

  4. 風評、風化に立ち向かう ~公明新聞インタビュー

  5. 青森県八戸市・防波堤の復旧状況を視察

  6. JAグループから要請「万全な対策と補償を」