帰還促進、風評対策を ~東日本大震災復興加速化本部会合を開催

20160802_1.jpg

8月2日(火)、私が本部長を務める東日本大震災復興加速化本部などは、参院議員会館で合同会議を開き、被災地の復興加速に向けた与党の第6次提言提出へ意見を交わすとともに、復興庁や内閣府から来年度予算概算要求の検討状況を確認しました。

これには私をはじめ、本部長代理の石田祝稔政務調査会長のほか、政府側から若松謙維復興副大臣(公明党)らが出席しました。

私は今年度からの「復興・創生期間」で初となる与党提言について、「現地の要望を踏まえたものにしたい」と強調。若松副大臣は提言をもとに「政府も一体で対応することが復興加速につながる」と訴えました。

提言に関し出席者からは、東京電力福島第1原発事故の影響による避難指示の解除と帰還促進に向けた環境整備へ、「魅力ある学校や施設の整備を」との意見や、農産物の輸入規制を課す国や地域が今も残ることから、「海外での風評被害対策にさらに取り組むべき」との声が上がりました。

さらに、被災地域の土木工事で現場管理費などの割り増しを行い、復興事業を着実に進めるための「復興係数」の適用が来年3月までとなっている点に関しては、人手不足や資材高騰など「地域の実態に合わせ来年4月以降も継続を」との要望が出ました。



関連記事

  1. 党宮城県本部・仮設住宅第2次総点検を開始

  2. 「被災者の生活再建へ」仙台市宮城野区南蒲生地区の住民と意見交換

  3. 「農業の復旧遅れに懸念」宮城農業4団体から要請

  4. 与党第8次提言 「人間の復興」成し遂げる ~公明新聞インタビュー

  5. 「自公作業チーム設置へ」福島第1の汚染水問題

  6. 被災地、陸前高田の現状を視察