岩沼市「千年希望の丘」植樹祭に参加

20160528_1.jpg

5月28日(土)、私は宮城県岩沼市で開催された「第4回千年希望の丘植樹祭」に参加しました。これには、長田忠広市議が同席しました。全国から訪れた約1万2000人の参加者らと10万本の苗木を植えました。

「千年希望の丘」は、東日本大震災の教訓を後世に伝えるために整備されたメモリアル公園。2013年から植樹を始め、15年までに計17万本が植えられました。

植樹後、私は、「震災の風化が言われているが、これほど多くの人が全国から集ってくれる姿は頼もしい限りだ。今回の植樹経験を生かして、それぞれの地域でも防災意識の向上に向けて先頭に立ってほしい」と語りました。



関連記事

  1. 復興した姿に「感無量」 ~福島・Jヴィレッジを視察

  2. 風評、風化に立ち向かう ~公明新聞インタビュー

  3. 「漁港復旧へ支援急げ」農水相に申し入れ

  4. 復興の議論を活発に ~政府・与党協議会に出席

  5. 「議員歳費を復興財源に」1人300万円削減で合意

  6. 復興の歩み 世界へ発信 ~釜石・復興スタジアム完成式典に出席