地方創生のモデルめざす ~石巻市での宮城復興創生会議に参加

20160314_1.jpg

3月13日(日)、東日本大震災から5年を迎えたことを受け、公明党は宮城県石巻市で復興創生会議を開き、私もこれに参加。横山信一、石川博崇の両参院議員らも出席し、復興加速への決意を新たにしました。

私は、4月から「復興・創生期間」に移行することに触れ、「インフラ整備は少しずつ前進しているが、被災者にとってこれからが大事な時になる」と強調。党のネットワークを通じて「被災者一人一人が『人間の復興』『心の復興』を成し遂げるまでしっかり寄り添っていきたい」と訴えました。

また、「地方創生の先進モデルを東北につくっていかなければならない」と力説。特に、各自治体で復興計画を検証する必要性を指摘し、「地方議員一人一人の役割が非常に大きい」と述べました。

会議では、党宮城県本部が仮設住宅と災害公営住宅の住民を対象に実施したアンケートの結果を報告。生活と生業の再建を着実に推進することなどを盛り込んだ「東日本大震災復興創生への決議」が採択されました。

=関連記事 「公明党宮城県本部 アンケート結果報告」

横山氏、庄子賢一同県代表(県議)は「今まで以上に被災者に寄り添い、小さな声を受け止めていく」と決意を表明。来賓の亀山紘・石巻市長があいさつしました。



0314miyagi.jpg

会議後、私と宮城県の担当国会議員らは、2班に分かれ視察。石巻魚市場では、須能邦雄代表取締役社長と被災地の水産業の再生をめぐって意見交換しました。須能社長は、津波で全壊した同魚市場が、国際的な食品衛生管理方式「ハサップ(HACCP)」対応で再建したことを説明。「他の産地に奪われた販路の回復、海外への輸出で勝負したい」と述べました。

私は、「“世界の三陸”復活へ、党のネットワークの力で挑む」と語りました。



関連記事

  1. 「原発」が避難生活直撃 福島・相馬、南相馬を調査

  2. 高速無料化、1年延長へ ~石井国交大臣へ申し入れ

  3. 岩手・大船渡市 党岩手第三総支部「復興会議」に出席

  4. 日本商工会議所から復旧・復興に関する要望

  5. 着実に進む廃炉作業 ~福島第一原発の現状を視察

  6. 新たな故郷ここから ~「さんさん商店街」視察