「震災復興一日も早く」党東日本大震災復興加速化本部

2014_0625_2.jpg

党加速化本部 提言の対応状況を聴取

6月25日(水)、私が本部長を努める公明党東日本大震災復興加速化本部は、衆院第2議員会館で被災地復興の現状について関係省庁から説明を受けました。政府側から浜田昌良復興副大臣(公明党)が出席しました。

席上、私は「震災が発生して3年3カ月が過ぎたが、いまだ避難生活を余儀なくされている人が大勢いる。一日も早く普通の生活を取り戻さなくてはならない」と述べ、政府を挙げた復興加速を求めました。

復興庁は、自民、公明の与党両党が3回にわたり提言した復興支援策の対応状況を紹介。22日に閉幕した通常国会中に進んだ、住宅再建や除染などの取り組みを中心に説明しました。

参加した議員からは、全国に避難している被災者の情報を一元的に把握する「『全国避難者情報システム』がうまく機能していないので、改善を急ぐべき」などの意見が上がりました。



関連記事

  1. 記者会見で「東日本大震災による避難生活の長期化に伴う問題」について言及…

  2. 被災地の産業振興に期待 ~三陸沿岸道路開通式に出席

  3. 3・11大震災7年 風化、風評と闘い抜く

  4. 「被災者支援、特別立法で」全国知事会から要請

  5. 仙台市内の仮設入居者と懇談会

  6. 「議員歳費を復興財源に」1人300万円削減で合意