「震災復興一日も早く」党東日本大震災復興加速化本部

2014_0625_2.jpg

党加速化本部 提言の対応状況を聴取

6月25日(水)、私が本部長を努める公明党東日本大震災復興加速化本部は、衆院第2議員会館で被災地復興の現状について関係省庁から説明を受けました。政府側から浜田昌良復興副大臣(公明党)が出席しました。

席上、私は「震災が発生して3年3カ月が過ぎたが、いまだ避難生活を余儀なくされている人が大勢いる。一日も早く普通の生活を取り戻さなくてはならない」と述べ、政府を挙げた復興加速を求めました。

復興庁は、自民、公明の与党両党が3回にわたり提言した復興支援策の対応状況を紹介。22日に閉幕した通常国会中に進んだ、住宅再建や除染などの取り組みを中心に説明しました。

参加した議員からは、全国に避難している被災者の情報を一元的に把握する「『全国避難者情報システム』がうまく機能していないので、改善を急ぐべき」などの意見が上がりました。



関連記事

  1. 宮城・丸森町で風評被害の実態調査

  2. 「復興拠点」整備手厚く ~党合同会議 来年度概算要求で議論

  3. 公明 日本赤十字社へ第14次義援金

  4. 生業、街の再生へ課題聞く ~岩手の4市2町を調査

  5. 会津若松市の災害公営住宅建設予定地を訪問

  6. 「漁港復旧へ支援急げ」農水相に申し入れ