「福島再生 前に進める」党復興会議

2014_0405_3.jpg

中間貯蔵施設めぐり議論

4月4日(金)、私が本部長を務める公明党東日本大震災復興加速化本部と、東日本大震災福島県復興加速化本部(若松謙維議長=参院議員)は、参院議員会館で福島復興会議を開き、除染で出た汚染土などを保管する中間貯蔵施設の建設に関して、福島県の内堀雅雄副知事らと意見交換をしました。

政府側から浜田昌良復興副大臣と浮島智子環境大臣政務官(ともに公明党)が出席。公明党から石井啓一政務調査会長らが参加しました。

冒頭私は、中間貯蔵施設の建設には「福島県のさまざまな意見、要望を踏まえる必要がある」と述べ、「福島再生を着実に進める観点から議論を深めたい」と挨拶しました。

会議では、中間貯蔵施設の建設を大熊、双葉両町に集約するとした国の配置計画案をめぐって精力的に意見交換。この中で内堀副知事は、「震災から4年目に入った福島県で一番大きな、複雑な問題が中間貯蔵施設の設置」とし、建設に伴う具体的な生活再建策などを早期に示すべきだと訴えました。

私は「被災者の立場に立ち、思いを受け止めて、政府・与党一体となって国の支援策を打ち出していく」と決意を述べました。



関連記事

  1. 「原発」が避難生活直撃 福島・相馬、南相馬を調査

  2. 東日本大震災・被災農家、仮設入居者と懇談

  3. 帰還促進、風評対策を ~東日本大震災復興加速化本部会合を開催

  4. 被災地支援に関して中央労福協から要請

  5. 「福島の復興加速へ」政府決定の新指針を確認

  6. 寄り添い続ける支援を ~与党、首相に第7次提言