党福島復興加速化合同会議に出席

2014_0315_201403181920041ae.jpg

「人間の復興」に総力
震災4年目 福島再生へ体制強化
郡山市


3月15日(土)、福島県郡山市で開かれた党福島復興加速化合同会議に出席し、東日本大震災と東京電力福島第1原発事故の発生から4年目に入ったことを踏まえ、あらためて「一人一人の心の復興、生活再建のために総力を挙げたい」と強調しました。

この中で私は「インフラ復旧は着実に進んでいるが、住宅再建、まちづくりはこれからが正念場だ」と指摘。「公明党のネットワークで風化と風評という二つの風と闘い、課題を乗り越えていこう」と呼び掛けました。

赤羽一嘉経済産業副大臣(公明党)は、旧警戒区域(原発20キロ圏)の同県田村市都路地区の避難指示が4月1日付で解除されることを報告。「区域が解除されてからも支援していく」と説明しました。

会合では、福島再生への取り組みを強化するため、党東日本大震災福島県復興加速化本部の体制拡充が発表され、若松謙維参院議員が議長、高木美智代衆院議員と荒木清寛参院議員が副議長に就任。住宅再建・まちづくり、産業・なりわいの再生など、政策分野ごとにチームを編成し、きめ細かな提言をまとめていく方針を決めました。



関連記事

  1. 「ノリ、カキ 養殖業の再開支援を」宮城・塩釜市の浦戸諸島を調査

  2. 「人間の復興」へ総力 ~党復興加速化本部がヒアリング

  3. 連合会長と震災対応などで意見交換

  4. 被災地、陸前高田の現状を視察

  5. 避難町民を激励

  6. 仙台市内の津波の塩害被害を調査