仙台北部道路全線開通式典に出席

2013_12202.jpg

12月22日(日)、仙台北部道路富谷インターチェンジの開通式に出席し、地元国会議員として挨拶をしました。式典には、地元自治体の代表や工事関係者ら約100人が出席しました。

 式典挨拶の中で私は、開通までに携わってこられた自治体及び工事関係者の方々の御労苦に敬意を表するとともに、「国道4号線の慢性的な交通渋滞の緩和とともに、沿岸部との最短のルートができ、震災からの復興の加速となる」と述べました。
式典の後、完成した富谷インターチェンジ前で、テープカットを行うとともに、東北自動車道との分岐などの課題について意見交換も行いました。



関連記事

  1. 「風評被害の打開策を」観光関係者と意見交換 宮城・大崎市

  2. 「現場の声を復旧・復興に」被災地議員と合同会議

  3. 被災地支援に関して中央労福協から要請

  4. 「原発」が避難生活直撃 福島・相馬、南相馬を調査

  5. 「屋内退避者の生活守れ」党中央幹事会

  6. 「議員歳費を復興財源に」1人300万円削減で合意