「風評被害の打開策を」観光関係者と意見交換 宮城・大崎市

2012_0923.jpg

観光関係者と意見交換
宮城・大崎市


9月23日(日)、宮城県大崎市で東京電力福島第1原発事故に伴う観光業への風評被害について実情を聞きました。これには、党宮城県本部(石橋信勝代表=県議)の議員団が同行しました。

鳴子温泉郷観光協会の菊地武信会長は、復興事業に関わる建設業者や支援ツアーなどで宿泊客が確保されている現状を紹介。今後、こうした利用の減少が予想される中、「安全性をアピールし観光客を呼び戻すため放射線測定器の導入を」と要望しました。

旅館経営者の高橋聖也さんは、震災前に年間200人前後いた外国人宿泊客が昨年、ゼロになった、と説明。その上で、「東電に賠償を請求したいが、風評被害によるものだと証明するのが難しい」と窮状を訴えました。

私は「党の全国のネットワークを生かし、風評被害の打開に取り組みたい」との考えを述べました。



関連記事

  1. 3・11大震災7年 風化、風評と闘い抜く

  2. 地方創生のモデルめざす ~石巻市での宮城復興創生会議に参加

  3. 復興拠点の整備を加速 ~福島・浪江町で調査

  4. 「予算を厳格に精査せよ」流用報道で復興庁からヒアリング

  5. 日本商工会議所から復旧・復興に関する要望

  6. 復興へ長期支援 不可欠 ~福島・双葉町長が訴え