佐藤福島県知事、双葉地方町村会から要請

2012_0521.jpg

国は誠意ある対応示せ
住民、自治体の帰還、復興
福島県と双葉郡が要請


5月21日(月)、山口那津男代表と共に国会内で福島県の佐藤雄平知事と、東京電力福島第1原発を抱える双葉郡8町村でつくる双葉地方町村会(井戸川克隆会長=双葉町長)から、住民や自治体の帰還と復興に向けた国の誠意ある対応などを求める要請を受けました。これには、党東日本大震災対策本部の石田祝稔事務局長(衆院議員)が同席しました。

席上、佐藤知事は、双葉郡全体の復興像(グランドデザイン)を示すことなど、政府に求めてきた要望への対応が不十分であり「今月中に具体性のある回答を示してほしい」と指摘。さらに、産業復興施策の大きな柱である「ふくしま産業復興企業立地補助金」の予算拡充などを強く求めました。

また、井戸川会長は、双葉郡8町村の住民が全国各地で避難生活を余儀なくされている現状を踏まえ、一部のインターチェンジに限られている高速道路無料化を全国で適用することを要請しました。

山口代表は、要望項目について政府に対応を促していく考えを示し、「公明党は皆さんに寄り添って復興の過程を一歩も二歩も進めていく決意だ」と応じました。



関連記事

  1. 復興拠点外の方針早く ~福島・双葉町が要望

  2. 「生活、産業の再建急げ」復旧・復興へ緊急提言

  3. 日本商工会議所から復旧・復興に関する要望

  4. 汚染水対策、着実に前進 ~福島第一原発を視察

  5. 生活再建、今が“正念場” ~党復興加速化本部会合であいさつ

  6. 「復興拠点」整備に力注ぐ ~党加速化本部の会合を開催