「宮城の復興促進に全力」震災復興支援推進現地合同会議を開催

2012_0204_1.jpg

 2月4日(土)、私が本部長を務める公明党東日本大震災対策本部は仙台市内で、同県の復興支援に当たる国会議員と県内被災自治体の公明党議員による震災復興支援推進現地合同会議を開催しました。これには、石田祝稔事務局長、西博義、竹内譲の各衆院議員、山本博司、竹谷とし子、石川博崇の各参院議員が出席しました。

 私は「復興特区法が成立し、これから市町村の復興計画を具体化していく大事な時期になる」と強調。被災者に寄り添った支援に党を挙げて取り組む、と述べました。

 地方議員からは、仮設住宅の風呂の追いだきや水道管の凍結、結露といった問題への対策を急ぐよう要望が相次ぎました。また、仮設の特別養護老人ホーム建設に対する国の支援の拡大や雇用対策の充実を求める声が寄せられました。

 石田事務局長は、「成立している復興関連予算が現場で執行されていない場合もある。市町、県と国と連携を強め、課題解決に取り組みたい」と訴えました。

 一方、同対策本部の西衆院議員と石川参院議員は同日、宮城県角田市を訪れ、子どもや農業に関する放射線対策について現地調査を行いました。党同県本部の議員団が同行しました。

 公明党の一行は、除染作業が終了した中島保育所を訪問した後、家畜排せつ物からたい肥を生産する「角田市農業の館」を視察。大友喜助市長らから「国の暫定基準値(1キログラム当たり400ベクレル)を超えた、たい肥470トンを販売自粛し、倉庫に保管している」との説明を受けました。



関連記事

  1. 新たな故郷ここから ~「さんさん商店街」視察

  2. 宮城・名取市「復興懇談会」に出席

  3. 被災地の住民と懇談・仙台市宮城野区

  4. 「漁港復旧へ支援急げ」農水相に申し入れ

  5. 「営農再開へ全面支援」石巻市・農地復旧事業を調査

  6. 「燃料、住宅の確保が急務」宮城県3市1町を訪問