宮城・石巻市の慰霊祭に参列

2011_0618_1.jpg

震災100日 復興誓う慰霊祭

 6月18日(土)、未曽有の被害をもたらした東日本大震災は、発生から100日目を迎え、各被災地で慰霊祭などが営まれました。死者・行方不明者、合わせて約5800人を出した宮城県石巻市の慰霊祭に、遺族らとともに参列。犠牲者の冥福を祈り献花、復興への決意を新たにしました。

 慰霊祭では、午前10時半の開会に合わせて1分間の黙とうをささげました。亀山紘市長は、「犠牲者の無念の魂に応えられるよう発展する新しい石巻を創造していく」と挨拶。遺族代表が「心の傷は一生癒やされないと思うが、復興へ向かっていきたい」と述べた後、参列者が献花を行いました。



関連記事

  1. 復興の議論を活発に ~政府・与党協議会に出席

  2. 「記念碑として看板保存を」震災復興のシンボルについての要望

  3. 被災3県の復興支援担当を決定 党東日本大震災復興対策本部

  4. 「一日も早い復旧・復興へ」宮城県南三陸町・佐藤仁町長と対談

  5. 宮城・丸森町で風評被害の実態調査

  6. 岩沼海浜緑地、北ブロック開園式に参加