岩手・大船渡市 沿岸漁業者と復旧・復興について意見交換

2011_0612_2.jpg

漁業の復旧・復興へ全力
岩手・大船渡市で意見交換


 6月12日(日)、東日本大震災で甚大な被害を受けた岩手県大船渡市を訪れ、沿岸漁業者と漁業の復旧・復興を巡り意見交換をしました。これには、横山信一参院議員、小野寺好・党県本部代表(岩手県議)、森操大船渡市議も同席しました。

 席上、漁業者からは「津波で漁船や漁具を失った漁師に対する国からの補助が、同じ漁師の間でも被災状況によって不公平に感じる部分がある」と、現状の問題点を指摘。さらに、東京電力福島第1原子力発電所事故に関連して、水産物への風評被害を防ぐため、放射性物質に関するモニタリング(継続調査)体制の確立を要望。万が一、放射性物質の数値が上昇した場合の補償など、国の万全の対応を求めました。

 参加者は、想定外の津波にも耐え得る漁港や、水産施設の整備などについても意見を交わしました。

 私は、「現場の声をしっかりと受け止め、今年度の第2次補正予算に反映できるよう、全力を尽くしていく」との考えを述べました。



関連記事

  1. 帰還促進、風評対策を ~東日本大震災復興加速化本部会合を開催

  2. 震災5年「今の声」聞く ~仮設、災害公営住宅の住民アンケート開始

  3. 「国の支援方針早期に」岩手県沿岸2市1村を調査

  4. 風評、風化に立ち向かう ~公明新聞インタビュー

  5. 「震災復旧・復興、原発事故対策」JAグループから要請

  6. 「屋内退避者の生活守れ」党中央幹事会