被災地支援に関して中央労福協から要請

2011_0518_2.jpg

 5月18日(水)、衆院第1議員会館で労働者福祉中央協議会(中央労福協=笹森清会長)から、東日本大震災の被災者支援に関する緊急要請を受けるとともに、政策課題について意見交換をしました。これには、石井啓一政務調査会長、石田祝稔政調副会長、佐藤茂樹労働局長が同席しました。

 席上、笹森会長らは大震災の復興への最優先課題は東京電力福島第1原発事故の収束と指摘。被災者への緊急の生活支援や、復興・地域再生と就労支援を要望し、「行政だけではなく、われわれのような協同組合セクターやNPOなども大いに活用してほしい」と述べました。そのほか、地方消費者行政の充実や中小企業勤労者の福祉格差是正―などを求めました。

 これに対し私は、「協同組織の役割は非常に重要。要請を踏まえてしっかり頑張っていきたい」との考えを述べました。



関連記事

  1. 汚染水対策、着実に前進 ~福島第一原発を視察

  2. 宮城・石巻市で地場産業の課題調査 

  3. 東日本大震災に関する震災対策合同会議に出席

  4. 宮城・丸森町で風評被害の実態調査

  5. 「酪農へ早期保障を」 宮城県石巻市を視察

  6. 「人間の復興」必ずや ~岩手の復興加速化会議に参加