「ビジョンと基本法案を協議」党東日本大震災対策本部

2011_0518_1.jpg

 5月18日(水)、公明党東日本大震災対策本部は衆院第1議員会館で会合を開き、復興に向けた党のビジョン・提言と、復興基本法案について協議をしました。これには、石井啓一副本部長(政務調査会長)らが参加しました。

 同対策本部は、復旧事業を盛り込んだ今年度第1次補正予算の成立後、復興の考え方などの協議を本格化。復興の基本理念や政府の組織・体制を定める復興基本法案については、法案検討プロジェクトチームで議論を重ねてきました。

 協議では、産業やインフラ(社会基盤)などの復旧・復興にとどまらず、憲法に定められた幸福追求権と生存権を念頭に置いた「人間の復興」をめざすことなどを基本的な考え方とし、生活再建や中小企業、農林水産、東京電力福島第1原発事故関連の支援策などを検討しました。



関連記事

  1. 日本商工会議所から復旧・復興に関する要望

  2. 「漁港復旧へ支援急げ」農水相に申し入れ

  3. 青森県八戸市・防波堤の復旧状況を視察

  4. 3・11大震災7年 風化、風評と闘い抜く

  5. 「がれき撤去が急務」宮城・亘理、山元町を調査

  6. 宮城・女川町 被災住民を激励、要望聞く