「ビジョンと基本法案を協議」党東日本大震災対策本部

2011_0518_1.jpg

 5月18日(水)、公明党東日本大震災対策本部は衆院第1議員会館で会合を開き、復興に向けた党のビジョン・提言と、復興基本法案について協議をしました。これには、石井啓一副本部長(政務調査会長)らが参加しました。

 同対策本部は、復旧事業を盛り込んだ今年度第1次補正予算の成立後、復興の考え方などの協議を本格化。復興の基本理念や政府の組織・体制を定める復興基本法案については、法案検討プロジェクトチームで議論を重ねてきました。

 協議では、産業やインフラ(社会基盤)などの復旧・復興にとどまらず、憲法に定められた幸福追求権と生存権を念頭に置いた「人間の復興」をめざすことなどを基本的な考え方とし、生活再建や中小企業、農林水産、東京電力福島第1原発事故関連の支援策などを検討しました。



関連記事

  1. 「風評被害の打開策を」観光関係者と意見交換 宮城・大崎市

  2. 原発事故風評被害対策で田中文科相と東電に要請

  3. 「仮設住宅の建設急げ 」宮城沿岸3市町を訪問

  4. 宮城・名取市「復興懇談会」に出席

  5. 復興へ長期支援 不可欠 ~福島・双葉町長が訴え

  6. 「福島の復興加速へ」政府決定の新指針を確認