「漁港復旧へ支援急げ」農水相に申し入れ

2011_0331_1.jpg

農水相に申し入れ 風評被害への補償も

 3月31日(木)、公明党東北地方太平洋沖地震対策本部(本部長=井上義久)と農林水産業対策チーム(稲津久座長・衆院議員)らは、農水省内で鹿野道彦農水相と会い、東日本大震災で甚大な被害を受けた農林水産業などに関する提言を行いました。

 冒頭、私は「三陸地域は水産業が基幹産業だが、漁港や船は壊滅的な打撃を受けた」として、これまでの法律の枠を超えた対応と十分な予算措置による支援を要望し、漁港の航路を確保する必要性を強調。

 また西博義衆院議員は、福島第1原子力発電所の事故で茨城県の農作物に「茨城県産というだけで売れない」との風評被害が広がっているなどの実態を指摘し、石田祝稔衆院議員は、きめ細かな原産地表記の必要性を主張しました。

 このほか、風評被害によって入荷拒否や価格下落の被害が出た場合には、作付け時に想定されたのと同等の収入補償をすることなども提案しました。

 鹿野農水相は「一生懸命対処してまいりたい」と応じました。



関連記事

  1. 常磐道宮城県区間4車線化着工式に参加

  2. JAグループから要請「万全な対策と補償を」

  3. 「観光で東北を元気に」仙台市内の旅館関係者と意見交換

  4. 「現場の声を復旧・復興に」被災地議員と合同会議

  5. 生業、街の再生へ課題聞く ~岩手の4市2町を調査

  6. 「営農再開へ全面支援」石巻市・農地復旧事業を調査