連合会長と震災対応などで意見交換

ww.jpg
3月25日(金)午前、国会内で日本労働組合総連合会(連合)の古賀伸明会長らと会い、東日本大震災への対応などに関する要請を受け、意見交換をしました。山口那津男代表、坂口力副代表、石井啓一政務調査会長が同席しました。

席上、古賀会長は「震災対応について与野党を超えて実施してほしい」と要望し、山口代表らは「国会での審議には協力する」と応じました。

また、子ども手当のつなぎ法案への協力要請に対して、山口代表は「賛同できないが、われわれの考え方は示したい」と述べました。



関連記事

  1. 「原発」が避難生活直撃 福島・相馬、南相馬を調査

  2. 被災地、陸前高田の現状を視察

  3. 「福島の復興加速へ」政府決定の新指針を確認

  4. 「福島復興を着実に」党合同会議

  5. 高橋北海道知事から震災復興に関する要望

  6. 新たな故郷ここから ~「さんさん商店街」視察