福島の帰還、具体化を ~党復興加速化本部、10次提言へ議論


7月9日(金)、私が本部長を務める、公明党の東日本大震災復興加速化本部は、衆院第1議員会館で、自民、公明の与党両党が7月中に政府に提出する予定の復興加速化に向けた第10次提言について議論しました。

私は、震災から丸10年を迎えた今年、同本部として、被災自治体をあらためて視察し、首長らの意見を聴いてきたと強調。その上で、今後10年の復興加速化に向けた取り組みについて「(東京電力福島第1原発から出る放射性物質トリチウムを含んだ)処理水の処分や復興拠点(特定復興再生拠点区域)外の地域への帰還を望む住民への対応、国際教育研究拠点について、どう具体化するかが課題だ」と述べました。

関連記事

  1. 仙台・党宮城復興支援会議に出席

  2. 東日本大震災8年 産業、街の再生さらに ~岩手、宮城の沿岸被災地を調査…

  3. 「賠償の新基準に懸念」復興庁・関係省庁からヒアリング

  4. 避難町民を激励

  5. 「屋内退避者の生活守れ」党中央幹事会

  6. 新たな故郷ここから ~「さんさん商店街」視察