残る復興課題に力注ぐ ~党加速化本部 8次提言へ議論


6月13日(木)、公明本部長を務める、党の東日本大震災復興加速化本部は、衆院第2議員会館で会合を開き、昨年7月に与党として政府に提出した「第7次提言」後の復興の進展を関係省庁から確認し、今夏にまとめる「第8次提言」に関して議論しました。

席上私は、震災から8年3カ月が経過し、国が被災地を重点支援する「復興・創生期間」の終了まで2年を切ったと指摘。「復興の仕上げや、残る課題にどう取り組むかについて8次提言をしたい」と述べ、現地の声を盛り込んでいく考えを強調しました。

会合では、東京電力福島第1原発事故に伴う避難指示解除後の状況や、廃炉・汚染水対策などについて活発に意見を交わしました。

関連記事

  1. 寄り添い続ける支援を ~与党、首相に第7次提言

  2. 「人間の復興」必ずや ~岩手の復興加速化会議に参加

  3. 「国の支援方針早期に」岩手県沿岸2市1村を調査

  4. 復興へ長期支援 不可欠 ~福島・双葉町長が訴え

  5. 生活再建、今が“正念場” ~党復興加速化本部会合であいさつ

  6. 「復興拠点」整備手厚く ~党合同会議 来年度概算要求で議論