東日本大震災9年 JR常磐線、全線再開 ~JR双葉駅での式典に参加


3月14日(土)、東日本大震災と東京電力福島第1原発事故の影響で不通だったJR常磐線の浪江―富岡駅間(福島県内20.8キロ)が復旧し、9年ぶりに全線で運行を再開しました。

全線再開に併せ、双葉、大熊、富岡の3町では、原発事故による避難指示の一部が今月上旬に解除。中でも双葉町は、初の指示解除であり、2年後の住民帰還へ、住まいや雇用環境の整備を進めている状況です。

全線再開の当日、私は、党福島県本部代表の若松謙維参院議員や県議とともに双葉駅周辺を視察。町再生の課題を巡り、町秘書広報課の守谷信雄主査と意見を交わしました。井上副代表は、全線再開について「復興の大きな弾みになることを期待したい」と述べました。

また、視察に先立ち、双葉駅で行われた、特急列車「ひたち」(仙台駅行き)の出迎え式には、赤羽一嘉国土交通相と共にが参加しました。

関連記事

  1. 党宮城県本部・仮設住宅第2次総点検を開始

  2. 復興した姿に「感無量」 ~福島・Jヴィレッジを視察

  3. 震災の経験を後世に ~復興加速へ調査活動

  4. 岩沼市「千年希望の丘」植樹祭に参加

  5. 福島第1原発を視察

  6. 「被災者の生活再建へ」仙台市宮城野区南蒲生地区の住民と意見交換