東日本大震災 復興加速さらに ~党合同会議を開催


11月6日(水)、私が本部長を務める、公明党の東日本大震災復興加速化本部と復興・防災部会(部会長=浜田昌良参院議員)は、衆院第2議員会館で合同会議を開き、政府が年内に策定する復興・創生期間(2016~20年度)以降の復興基本方針の骨子案などに関して意見を交わしました。

席上、私は、国が東日本大震災の被災地を重点支援する復興・創生期間の終了まで1年半を切ったことに言及。「復興の総仕上げをどうするのか、創生期間以降についてどう考えるのか、そろそろ結論を出さなければいけない」と述べ、現場の声を反映した基本方針をまとめる必要性を訴えました。

会合の中で政府側は、基本方針の骨子案について、自民、公明の与党両党が8月に政府へ提出した第8次提言を踏まえ、21年3月末に設置期限を迎える復興庁の存続に向け、延長期間や体制の方向性を説明しました。

関連記事

  1. 「賠償の新基準に懸念」復興庁・関係省庁からヒアリング

  2. 「福島復興を着実に」党合同会議

  3. 「一日も早い復旧・復興へ」宮城県南三陸町・佐藤仁町長と対談

  4. 「教育現場の復興に全力」宮城県内の学校関係者と意見交換

  5. 震災5年「今の声」聞く ~仮設、災害公営住宅の住民アンケート開始

  6. 「畜産農家の支援急げ」農水相に緊急提言