復興拠点外の方針早く ~福島・双葉町が要望


6月14日(金)、私は国会内で福島県双葉町の伊沢史朗町長と佐々木清一議長に会い、東京電力福島第1原発事故からの復興に向けた重点要望を受けました。

伊沢町長らは、避難指示が出された市町村で唯一、解除が進んでいない現状を指摘。来年春にJR常磐線・双葉駅周辺の先行解除、2022年春に帰還開始をめざしているとして、「復興財源と国の支援体制の長期的な確保を」と求めました。

帰還困難区域に整備する特定復興再生拠点区域(復興拠点)の状況にも触れ、拠点外の解除に向けた方針を早期に示すよう訴えました。

私は「今夏に政府へ提出する第8次提言に盛り込みたい」と語りました。

関連記事

  1. 「除染作業の迅速化促す」 楢葉町の避難者と懇談

  2. 「復興特区制度」早期実現に向け平野復興対策担当相に提言

  3. 地方創生のモデルめざす ~石巻市での宮城復興創生会議に参加

  4. 「心の復興」まで寄り添う ~国会報告案めぐり意見交換

  5. 「農業の復旧遅れに懸念」宮城農業4団体から要請

  6. 「原発」が避難生活直撃 福島・相馬、南相馬を調査