復興拠点外の方針早く ~福島・双葉町が要望


6月14日(金)、私は国会内で福島県双葉町の伊沢史朗町長と佐々木清一議長に会い、東京電力福島第1原発事故からの復興に向けた重点要望を受けました。

伊沢町長らは、避難指示が出された市町村で唯一、解除が進んでいない現状を指摘。来年春にJR常磐線・双葉駅周辺の先行解除、2022年春に帰還開始をめざしているとして、「復興財源と国の支援体制の長期的な確保を」と求めました。

帰還困難区域に整備する特定復興再生拠点区域(復興拠点)の状況にも触れ、拠点外の解除に向けた方針を早期に示すよう訴えました。

私は「今夏に政府へ提出する第8次提言に盛り込みたい」と語りました。

関連記事

  1. 「議員歳費を復興財源に」1人300万円削減で合意

  2. 着実に進む廃炉作業 ~福島第一原発の現状を視察

  3. 「汚染水対策に万全期せ」福島第1原発を視察

  4. 仙台市内の津波の塩害被害を調査

  5. 生業、街の再生へ課題聞く ~岩手の4市2町を調査

  6. 宮城・気仙沼大島大橋が開通 記念式典に参加