復興加速、創生期間“総仕上げ” ~党合同会議に出席


2月22日(金)、私が本部長を務める公明党の東日本大震災復興加速化本部と、復興・防災部会(部会長=谷合正明参院議員)は、衆院第2議員会館で合同会議を開き、復興の基本方針の見直し案について政府側と意見を交わし、今後の対応について私に一任されました。

冒頭私は、3月で震災発生から丸8年を迎え、国の「復興・創生期間」終了まで残り2年になることに言及。被災地の復興加速に向けて「この2年間、総仕上げの決意で取り組みたい」と力説しました。

その上で党加速化本部として、3月2、3日に福島県、同16、17日に岩手、宮城両県を視察し、復興の現状や課題を調査することを表明。20年度末で設置期限を迎える復興庁の後継組織に関しては、引き続き議論を重ねる考えを示しました。

復興庁の担当者は、基本方針の見直し案に創生期間後も対応が必要な課題を盛り込むとして、地震・津波被災地域、原子力災害被災地域ごとに説明しました。

出席議員が「特に福島の被災地で医療・介護の人材不足が深刻だ。格段の配慮と財源措置を」と求めたのに対して、浜田昌良復興副大臣(公明党)は抜本的な対策を行うと強調しました。

関連記事

  1. 「被災者支援、特別立法で」全国知事会から要請

  2. 党宮城県本部・仮設住宅第2次総点検を開始

  3. 仙台・党宮城復興支援会議に出席

  4. 「汚染水対策に万全期せ」福島第1原発を視察

  5. 「福島再生 前に進める」党復興会議

  6. 宮城・仙台市内の宅地被害を視察