復興へ長期支援 不可欠 ~福島・双葉町長が訴え

12月7日(金)、私が本部長を務める、公明党の東日本大震災復興加速化本部は、衆院第2議員会館で、福島県双葉町の伊沢史朗町長と会い、東京電力福島第1原発事故からの復興に向けた、長期的な支援に関する重点要望を受けました。

伊沢町長は、今でも町の96%が帰還困難地域に指定されている現状を指摘し、2020年度末までの「復興・創生期間」後も国からの支援が不可欠だと強調。復興を進める財源を長期的に確保するよう求めるとともに、「(20年度末に設置期限を迎える)復興庁が廃止されてからも、国による被災地支援体制を確保してほしい」と要請しました。

私は、「思いを受け止めて復興へ一緒に努力したい」と語りました。



関連記事

  1. 原発事故避難町村 臨時役場で現状調査

  2. 「特別立法、肉用牛対策を」福島県知事らから要望

  3. 「被災者の生活再建へ」仙台市宮城野区南蒲生地区の住民と意見交換

  4. 被災地の生活再建後押し ~三陸沿岸道開通式典に参加

  5. 復興庁 現体制で存続を ~与党、首相に第8次提言

  6. 復興した姿に「感無量」 ~福島・Jヴィレッジを視察