復興へ長期支援 不可欠 ~福島・双葉町長が訴え

12月7日(金)、私が本部長を務める、公明党の東日本大震災復興加速化本部は、衆院第2議員会館で、福島県双葉町の伊沢史朗町長と会い、東京電力福島第1原発事故からの復興に向けた、長期的な支援に関する重点要望を受けました。

伊沢町長は、今でも町の96%が帰還困難地域に指定されている現状を指摘し、2020年度末までの「復興・創生期間」後も国からの支援が不可欠だと強調。復興を進める財源を長期的に確保するよう求めるとともに、「(20年度末に設置期限を迎える)復興庁が廃止されてからも、国による被災地支援体制を確保してほしい」と要請しました。

私は、「思いを受け止めて復興へ一緒に努力したい」と語りました。



関連記事

  1. 「仮設住宅の建設急げ 」宮城沿岸3市町を訪問

  2. 復興加速、創生期間“総仕上げ” ~党合同会議に出席

  3. 「風評被害の打開策を」観光関係者と意見交換 宮城・大崎市

  4. 「原発」が避難生活直撃 福島・相馬、南相馬を調査

  5. 常磐道宮城県区間4車線化着工式に参加

  6. 「予算を厳格に精査せよ」流用報道で復興庁からヒアリング