復興した姿に「感無量」 ~福島・Jヴィレッジを視察


8月26日(日)、私は党福島県本部(代表=若松かねしげ参院議員)の夏季議員研修会の会場となったJヴィレッジ(福島県楢葉町、広野町)で各施設を視察しました。

Jヴィレッジは1997年に設立され、スタジアムや宿泊・研修施設を完備。サッカー日本代表の合宿所などにも使われてきた“サッカーの聖地”です。運営会社の小野俊介専務は、日本初の全天候型練習場と、新たな宿泊棟を整備したと報告。来年4月の全面再開に合わせ、敷地の近くでJR常磐線の新駅の建設が進んでいることも紹介しました。

私は、東京電力福島第1原発事故の対応拠点として利用されていたJヴィレッジについて「私たちは何度もここを訪れ、被災現場へ向かった。そこが、本来のサッカー練習場として使われている。復興の歩みが形になり、本当に感無量だ」と力説しました。

研修会に来賓として参加した楢葉町の松本幸英町長は「交流人口の増加により、双葉郡全体の復興の後押しになれば」と強調。広野町の遠藤智町長は「スポーツを通して、躍動と復興を世界へ発信していきたい」と語りました。

関連記事

  1. 会津若松市の災害公営住宅建設予定地を訪問

  2. 三陸沿岸の被災地へ 被災者救援に全力

  3. 「現場の声を復旧・復興に」被災地議員と合同会議

  4. JAグループから要請「万全な対策と補償を」

  5. 被災地の住民と懇談・仙台市宮城野区

  6. 岩手・大船渡市 沿岸漁業者と復旧・復興について意見交換